着物の着付けの必要性 その1

着物の着付けの必要性 その1

何々教室やスクールと名のつく習い事の多いことに驚きます。幼児のときから習う水泳やピアノ、英会話やそろばんなどは確かに習わないと自然にできるものではありません。しかし大人になってから始めるパソコン、スキースケートなどのカルチャー的な教室に比べ、着物の着方を習う着付けという教室はどこか不自然な響きがあります。本来日本人は江戸時代、明治時代の一部まで和装である着物が主流の衣類でした。親が着せ、子供が自分で着るもので、外部の教室に習いに行くものではありませんでした。親から子へ伝えるものが減ったという意味で伝統的な日本の料理もあるかもしれません。なぜ着付けのための教室があるかというと、親が和装しない世代になったからです。結婚式、葬式、成人式、七五三といった伝統行事のときしか着ない着物であるなら、レンタルもあります。

結婚相談所 福岡市

今日の風向きの方角とつよさ

暴露王の競馬予想は当たります。詳しくはこちら

ベンツ 整備

http://www.mori-flocky.jp/